東京湾の環境をよくするために行動する会

会からのお知らせ

  • 会からのお知らせ一覧です

2011年度

第5回シンポジウム(羽田周辺水域環境調査研究委員会)のお知らせ
2011-11-11
●タイトル
羽田空港周辺と東京湾の水環境 ~環境メカニズム解明への取り組み~
羽田周辺水域環境調査研究 第5回シンポジウム(羽田周辺水域環境調査研究委員会)

●開催日時 
2011年12月03日(土)10:00 〜 2011年12月03日(土)15:30
(10:00 開演(9:30受付開始))

●場所
東京工業大学 大岡山キャンパス 蔵前会館1Fくらまえホール (東京都目黒区大岡山2-12-1

●内容
多摩川河口域は、多摩川からの河川水と東京湾の海水が接する汽水域と呼ばれる複雑な海域であるとともに河川出水の影響を直接受ける非定常性が大きな場所です。一方、発着容量の制約の解消、多様な路線網の形成、多頻度化による利便性の向上、国際競争力強化などを目的とした羽田空港再拡張事業により、4本目のD滑走路が多摩川河口域に建設され、平成22年10月に供用開始をしてから約1年が経過しました。
 このような大規模構造物が建設された事に伴い、羽田周辺水域や東京湾全体に及ぼす環境影響をしっかりと把握するため、平成18年に『羽田周辺水域環境調査研究委員会』を発足させ、D滑走路の建設前から、多様な分野の研究者、行政、NPO、市民とが協働で、様々な観点から環境調査を実施し、今日に至っています。
 本シンポジウムでは、これまでの調査研究における取り纏めをご報告し、調査研究成果及びポスターセッションをオープンに議論することにより、関係者間での情報共有を徹底し、環境影響評価を確実に実施して参ります。

●参加費
無料(先着150名)
事前に申込みが必要ですので、ちらし裏面の参加申込書に必要事項をご記入のうえ、FAXまたはE-mailでお申込み下さい。(11月28日まで)

●お問い合せ
〒105-0001 東京都港区虎ノ門三丁目1-10 第2虎ノ門電気ビルディング4F
一般財団法人みなと総合研究財団調査研究部
TEL:03-5408-8298 FAX:03-5408-8747 E-mail:haneda@wave.or.jp (担当:岡田、中島、森谷)

詳細参考資料・リンク:

 詳細参考資料1

© 東京湾の環境をよくするために行動する会(通称「東京湾をよくする会」)